アーユルヴェーダ的なヨガポーズのとり方

京都大宮ヨガ・アーユルヴェーダ案内人のみの希nozomiです♪

ヨガはダイエットや運動としてのものとして取り入れられやすいですが本来はポーズをとることで自分の身体の状態をきちんと見つめることが目的です。

アーユルヴェーダを取り入れたヨガポーズ

朝のヨガ

朝はカファを減らすヨガ。心も体も重かったり、やる気が出ない時は、胸をひらくポーズなどでカファを刺激します。

ネコのポーズ

①ニュートラルな状態。背中まっすぐ。

②吸う息、尾骨に尻尾がはえてるイメージをしながら背中を反らしていく。

③吐く息で尻尾が下向きになる。肩甲骨が空に引っ張られていく。

※これを何度か繰り返していく。

片膝をひきよせるポーズ

①吸う息で片足をおなかに引き寄せる。

②吐く息で少しふわっと力を抜く。

※これを何度か繰り返していく。両足行う。

昼のヨガ

昼はピッタの時間。ウエスト周りのピッタゾーンを刺激するポーズでクールダウンしましょう。またお仕事中の方も椅子に座りながら出来るのでオススメ。

肩まわしのポーズ

グルグル肩周りを回して肩甲骨や背中胸全て動かしていきます。肩甲骨を開いたり閉じたりすることに意識をもっていきます。

ねじりのポーズ

①吸う息で頭のてっぺんからひっぱられるように背中をまっすぐ。

②吐く息でお腹からじっくりねじっていく。

※これを何度か繰り返していく。

夜のヨガ

夜はカファの時間ですが、穏やかな気持ちを乱すヴァータが増えたりします。リラックスポーズで気持ちを穏やかにしていきましょう。

割り座のポーズ

①膝が痛い場合は片足ずつで行ってもかまいません。太ももの前を伸ばすように。腰がうかないように行いましょう。

鋤のポーズ

①まっすぐ寝っ転がって腰が痛くないように手で支えます。

②勢いではなくお腹の力を使ってゆっくり足を重力で向う側に。

③苦しく無ければそのまま足先を向う側へ。呼吸を続けます。

④首が痛くなるといけないので横を向かないように。

まとめ

今回は簡単に紹介できるヨガポーズをお伝えしました。普段フッのした時にぜひ行ってみて下さい。少し息抜きになると思います♪

~お知らせ~

下記記載している日程・時間以外でも調整可能な場合もございます。京都市内(自転車でいける範囲)であれば出張料なしでお伺いさせていただくことも可能です。どうぞお問合せ下さい♪

↓のみの希ヨーガお知らせ↓

f:id:nominokichan:20160925103824j:plain

ご予約・お問い合わせはこちら

のみの希プライベートクラス◆ 京都・大宮

*毎週 火・金 10時~11時30分

*90分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員1~2名(女性限定)

*一回2000円・レンタルマット300円

bodycareGINGERオープンクラス 京都・大山崎

*第2土曜日・第4火曜日 10時~11時20分

*80分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員3名

*一回1500円(初回1000円)・レンタルマット300円

※GINGERさんには別室ですが猫ちゃんがいます。極度のアレルギーの方はご遠慮ください。

◎持ち物:ヨガマット、タオル、飲み物等
◎場所詳細等はお申込みを頂きました折にお知らせ致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする