あなたも冷え女??アーユルヴェーダとヨガで冷え性対策!

京都大宮ヨガ・アーユルヴェーダ案内人のみの希nozomiです♪

皆さん、

冷え女(ヒエジョ)ですか???

生活など全てが便利になり、

昔に比べると

平均体温がグンッと

下っていると言われています。

冷えている女子が

とても増えている

とも言われてます(+_+)

今回はそんな手足の冷えに

フォーカスして

原因と対策を

考えていきましょ!(^^)!

冷え女(ヒエジョ)にならない対策

冷える原因って何?

アーユルヴェーダで冷えは

”ヴァータ””カファ”

乱れが原因と考えられています。

ヴァータが乱れる原因

忙しすぎたり、

過度なストレスや睡眠不足や

便秘、乾燥などなど

体の循環が悪くなることで

冷えの原因に繋がっていると

言われています。

上半身は暑く顔は火照るのに

足先は冷たい…

そんな経験ないですか?

お話を聞いていると

ほとんどの方が

寝不足だったり、

神経を使い過ぎている場合が

多いです。

カファが乱れる原因

ずばり食べ過ぎ!!!

甘いものや脂っこいもの、

冷たい飲み物や食べ物を

ダラダラ食べて、

動かないゴロゴロ。

夜寝るのも遅くてゴロゴロ。

ん~~~~~

耳が痛い!

経験ないですか?

このような状態では

消化力はドーンっと

落ちてしまい、

老廃物がたまり、

冷えの原因になっていると

言われています。

冷えないための対策は!?

ず!ば!り!

規則正しい生活

これ!!!

早寝早起き

バランスの良い食事

適度な運動

これ!!!

なんとなくこれ見ると

ムムム~って

顔になっちゃう(笑)

具体的に何をすれば良いのか

簡単にご紹介していきます♪

冷えやむくみ改善5つ

【温かいものを頂く】

冷たいものは消化力のない人に

とって、天敵!!!

温かいものをとるように

しましょう。

季節の野菜スープとか。

お味噌汁とか。

温かい飲み物とか。

【白湯を飲む】

朝や食事中に

白湯を飲むことで

老廃物を流してくれます。

冷えている人は

あまり排尿しないのも

一つの傾向なので

白湯を飲んでしっかり

排尿していきましょ。

【足湯やお湯につかる】

足湯やお湯につかることで

リラックス効果もあり、

ヴァータが鎮静化されます。

また好きな香りのオイルを

入れることでリラックスでき、

とても効果的です♪

足湯にはすりおろした生姜を加えると

じんわり温まります。

【軽い運動をする】

ヨガであったり、

ウォーキングをすること。

朝にヨガを習慣づけることで

体と心も穏やかになります。

長く行わなくても大丈夫。

自分の出来る範囲で

行っていきましょう。

体を使うことで

内側から温まり、

冷えにくい体を

作ってくれます。

【オイルマッサージ】

太白ごま油の足マッサージ。

ごま油は温める性質があるので

冷えている足だけでも

マッサージしてみてください。

とても気持ち良いですよ♪

やり方はこちらから

セルフアビヤンガ【脚】

セルフアビヤンガ【足】

まとめ

最近では冷えていることに

気付いていない女子も

多いよう。。。

冷えない体作りは

健康にも繋がるといわれています。

冷えている方も

冷えていない方も

健康を保つために

上の5つのことを

行ってみてください。

何か変化があるはず!

自分の体と向き合い、

自分の体を常日頃ケアして

感謝することが大切です( ◠‿◠ )

~お知らせ~

下記記載している日程・時間以外でも調整可能な場合もございます。京都市内(自転車でいける範囲)であれば出張料なしでお伺いさせていただくことも可能です。どうぞお問合せ下さい♪

↓のみの希ヨーガお知らせ↓

f:id:nominokichan:20160925103824j:plain

ご予約・お問い合わせはこちら

のみの希プライベートクラス◆ 京都・大宮

*毎週 火・金 10時~11時30分

*90分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員1~2名(女性限定)

*一回2000円・レンタルマット300円

bodycareGINGERオープンクラス 京都・大山崎

*第2土曜日・第4火曜日 10時~11時20分

*80分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員3名

*一回1500円(初回1000円)・レンタルマット300円

※GINGERさんには別室ですが猫ちゃんがいます。極度のアレルギーの方はご遠慮ください。

◎持ち物:ヨガマット、タオル、飲み物等
◎場所詳細等はお申込みを頂きました折にお知らせ致します。

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする