季節の不調対策!!!アーユルヴェーダ夏の過ごし方

京都大宮ヨガ・アーユルヴェーダ案内人のみの希のnozomiです♪

夏って息をしているだけで疲れちゃう季節。そんな夏を心地よく過ごす方法を紹介していきます。

アーユルヴェーダ的な夏の過ごし方【ピッタ編】

じりじりむしむし生きてるだけで辛い夏の季節。
外気の暑さと室内での冷房の寒さで体に不調がでやすくなります。そんなピッタさんが乱れると食欲がなくなったり、熱中症になったり、吹出物ができたり、不調のサインが出てきます。
そんなピッタが乱れないように日々のケアがとても大事です。
今回はピッタさん対策のケアを紹介していきます。

●ピッタケア方法●

ピッタケア方法は大きく分けて、3つ!!!

3つのケア方法

  • オイルマッサージ
  • 消化に良い食事
  • 過ごし方

オイルマッサージ

なんとなくベタベタする季節ですが、暑い夏もセルフマッサージがおすすめです。
寒い冬にはセサミオイルですが、暑い夏の季節はココナッツオイルでのマッサージが良いとされています。ピッタが乱れて吹出物が出来たり、太陽の光で紫外線いっぱい浴びた肌をスーッと冷やしてくれるのがココナッツオイルです。
夏はイライラしたりもしやすいのでケアしてあげることで心もリラックスできます。

食事

冷たいものをとりたくなる季節…冷房などでただでさえ体が冷えているのに冷たいものばかりとると消化の火を減らし、食欲が落ちる原因になります。
冷たいものばかりではなく、温かい滋養に満ちた消化に良い食事をとる必要があります。
体を冷やしてくれるものではトマトやきゅうりなど季節のお野菜を食べることがとても大切です。また食欲がなくなった時は、食事前に生姜湯を飲むと消化の働きを良くしてくれます。

無理をしない

夏は火のエネルギーによって代謝が促進され、体力が消耗するため疲れやすくなります。
なるべく暑くない午前中に散歩や掃除などを済ませてしまいましょう。また、お風呂などにハッカオイルを少し入れるだけで肌がひんやりしたり、香りのリラックス効果もあります。
何よりも夏はやりすぎないよう無理をしないことが大切です。

まとめ

夏の暑さは体だけでなく心も消耗しやすく、イライラしたり、温度の変化にバランスを崩しやすい季節です。
こういう時こそ、自分の体との相談がとても大切になります。無理をしないで心地よく夏をのりきりましょう。

~お知らせ~

下記記載している日程・時間以外でも調整可能な場合もございます。京都市内(自転車でいける範囲)であれば出張料なしでお伺いさせていただくことも可能です。どうぞお問合せ下さい♪

↓のみの希ヨーガお知らせ↓

f:id:nominokichan:20160925103824j:plain

ご予約・お問い合わせはこちら

のみの希プライベートクラス◆ 京都・大宮

*毎週 火・金 10時~11時30分

*90分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員1~2名(女性限定)

*一回2000円・レンタルマット300円

bodycareGINGERオープンクラス 京都・大山崎

*第2土曜日・第4火曜日 10時~11時20分

*80分+お茶の時間(お時間ある方は♪)

*定員3名

*一回1500円(初回1000円)・レンタルマット300円

※GINGERさんには別室ですが猫ちゃんがいます。極度のアレルギーの方はご遠慮ください。

◎持ち物:ヨガマット、タオル、飲み物等
◎場所詳細等はお申込みを頂きました折にお知らせ致します

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする