季節の不調対策!!!アーユルヴェーダ秋の過ごし方

京都大宮ヨガ・アーユルヴェーダ案内人のnozomiです♪

暑い夏のピッタさんの時期を過ぎると、カサカサ乾燥するヴァータさんの時期がやってきます!!!

アーユルヴェーダ的な秋の過ごし方【ヴァータ編】

季節の変わり目は体が変化についていけず、ヴァータさんが乱れると乾燥肌はもちろん便秘になったり、冷え性、腰痛、関節痛など不調のサインが出てきます。
そんなヴァータが乱れないように日々のケアがとても大事。
今回はヴァータさん対策のケアを紹介していきます。

●ヴァータケア方法●

ヴァータケア方法は大きく分けて、3つ!!!

3つのケア方法

  • オイルマッサージ
  • 温かい消化に良い食事を心がけること
  • 予定を詰め込み過ぎずゆったりとした時間を作ること

オイルマッサージ

私のおすすめは白ごま油でのセルフマッサージ。乾燥する肌にはもちろんその日の自分の身体の調子や変化を感じとることが出来ます。自分の手で感じて癒してあげること自分の身体に感謝することが大切です。
これを私は♡セルフラブ♡ってよんでいます。

食事

温かい野菜のスープだったり、具沢山のお味噌汁だったり、のんだらホッとするような温かい食事、消化の良い食事をとることでヴァータの乱れの改善になります。また好きな人、大切な人と楽しく食事をすることも大切なことです。

休めること

今の時代、どこでもネットで情報を知ることが出来るし、仕事に家庭に忙しくしている人がとても多いです。ヴァータが乱れている時は体を休めてあげること予定を入れないで何もしない日を作ってあげること、電子機器をそばに置かないこともとても良いと思います。

まとめ

出来ることから少しずつ習慣づけして、
自分と向き合って自分を知ることでヴァータさんケアをしていきましょう!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする